FPSの日常

ゆるい日常生活を書いてます。

日本のワイン文化のさらなる発展を


久しぶりにスパークリングワインを飲んだ。
甘口だけど甘さが強調されてなくて飲みやすかった。

近年ではスパークリングワインが密かなブームではある。

山形産だった。
ワインの国産は山梨のイメージだけどなかなか美味い。
でも日本にはまだまだワイナリーが少ない。

国産を謳っていてもラベルを見ると海外産とミックスというのが未だにある。

ワイン葡萄栽培している場所はあるけど明らかに耕地面積が狭く生産量はかなり少ないと思う。

日本人の味に対する繊細さはワインでも世界のワインを凌駕するだけのものはあるはずだ。

日本には耕作放棄地が点在していて問題化しているのだから政府も地方創生としてワイン生産で起業で特別補助金を出しても良いと思う。
そういう発想力が役所にはないよな。

おそらく日本でもワインの生産は可能な地域がかなりあると思う。

北海道の池田町なんかは極寒地であるにも関わらず池田ワイン生産している。

他の地域ならもっと可能なはずだ。

純国産のボジョレーヌーヴォーを飲む日が来たら革命だよな。