読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FPSの日常

ゆるい日常生活を書いてます。

90年代のJ-POPが恋しくて

ここ数年で日本の音楽は死んだと思うのは私だけだろうか。

まともな音楽が世の中から消えて、流れている音楽はAKBがジャニーズかエグザイル系かアニソンか…

J-POPを愛する私はこの状況に我慢がならない。

日本人の心の芯に響く音楽が消えて、無機質な心ない音楽ばかりが流れている。

今の世の中を象徴したような中身のまるでない無機質感が私には耐えられないのだ。

テレビも日本人の気質も社会も馴れ合い予定調和無責任。

音楽も関連していると思う。

昔は音楽ヒットチャートをテレビで見たり聴いたりしていたがここ数年は全くない。

本当にくだらない音楽ばかりだ。

年末のレコ大も紅白も見ない。

誰もが知らない歌手が内輪ネタを話して盛り上がる近年のクソテレビのような選出方法でニュースに出ても誰だよそいつは⁈って感じだ。

実際聴いてもくだらない音楽だ。

本当はヒットしていないのにとりあえず体裁作りましょう感が出ていて嫌気がさす。

だから最近ずっと90年代のJ-POPばかり聴いている。

これは懐古趣味ではなく現代の音楽がくだらなさすぎて90年代のJ-POPの方が今聴いてもクールで新鮮味があるからだ。

それもザ‼︎アーティストだ。

私はレンタルで古内東子を借りた。

古内東子を最初聴いた時は、春の陽気と喫茶店がよく似合うアーティストだなって思った。

久しぶりに聴くとやっぱり良い。

メロディーはもちろんだが歌詞も、今のただストレートに表現をして中身が薄っぺらい歌詞とは違い、日本語でしか表現出来ない深さを感じる。

最近の男性hip-hopアーティストは歌詞があまりにチャラく聴くに耐えられない。

日本の音楽の素晴らしさは四季と日本語表現だと思う。

もう本当の日本の音楽は消えていくような気がして仕方ない。

古内東子素晴らしいです。