読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FPSの日常

ゆるい日常生活を書いてます。

草野球は最高のスポーツだ。

10年以上ぶりかな。

草野球に誘われて久しぶりにプレイした。
フェンスのない河川敷の長閑な風景や和気あいあいとした雰囲気が私はたまらなく好きだ。

話を聞くとリーグは金融業界でやっているリーグ戦との事で今日私がプレーしたチームも、もちろん金融業界の会社のチームだ。

私は今回助っ人という事もありチームの人達に挨拶をしてから早速キャッチボール。

軟式球特有のボールはやはり慣れないものがあったが、年甲斐もなくまるで野球小僧のように早く試合がしたくてうずうずしていた。

ポジションと打順は5番サード。

全然自分には似合わない。

私の本職である投手は助っ人が投げてはいけないというリーグの規定がある為慣れないポジションでプレーした。

試合が始まると慣れないせいか緊張感とドキドキ感が襲ってきた。

草野球のサードはかなり打球が飛んでくる。

初回3点先制され、その後私の所に打球が2つ来るが無難に処理をした。

何年野球をやっても緊張感は変わらないものだ。

初回0点に抑えられて2回の先頭で私の打席。

相手の投手の独特のフォームから繰り出すカーブや全然球が来ないストレートにキリキリ舞いだった。

特にカーブはソフトバンクの柳田張りの豪快なスイングで見事な空振り。

次の外角ストレートにサードフライ。

まぁそんなものだよな。

その後試合は相手の一方的な展開となりコールド負け。

私も2打数ノーヒット。
唯一に救いはノーエラーで乗り切った事だ。

試合は残念だったが本当に楽しかった。

ただ楽しいだけではなくドキドキやワクワク感や心地よい緊張感が草野球の最高の魅力だ。

上野公園で花見をしながら酒をのんで騒ぐのもいいが、どんな娯楽より、やはり私は草野球が一番楽しい。

こんなドキドキ感は日常では味わえないからね。

今日は本当に寒い一日だったけど充実した日だった。

野球シーズンも開幕してまた試合呼んでくれたら今度は活躍したい。